FC2ブログ

記事一覧

生活の老化は防ぎたい

マンションの給排水工事、配管は終わり後は仕上げらしい。でも、水道水の勢いがかなり弱くなっている。給水管はメーターボックスから穿孔して室内へ回しているのだが、とっても細くプラスチックです。日本のプラスチックは耐久性があるのかもしれないが、中古ドイツ車に乗ってプラスチックには徹底的に苦しめられている僕としては、水漏れがおこりうるところにプラスチックというのはとても心配ですね。それと、マンションではコンクリートの筐体に木工事で内壁を作ってあるんだけど、その内壁とコンクリートの筐体の隙間は結構風が流れているのだなと感じた。工事はあと2日、壁紙をなおして配管を隠す造作で終了らしいが、これが本当に必要な工事だったのか…。
反面、分かったこともありました。老齢世帯では水道がちょっと止まっただけで、生活が途端にひどく難儀なものに変わります。普段は届く蛇口が届かない。屈めずに顔が洗えない。いつも捕まってる手すりがないので物をドタドタ落としてしまう…。いつもは右側にあるタオルが左に置いてあると自分の腰が左には曲がりにくいことに気がつく~。というような感じです。老齢生活とは綱渡りをするようなものなのです~。時間、空間、気持ちのどれにも余裕がなければ、ひとつ崩れると連鎖的に壊れてしまいます。今は、衛生面に気をつけないと危ないなと、それを一番気にかけています。父も母も面倒だから手を洗わなくなってます。面倒くさくなって適当ばかり、暮らしの老化は起こしたくないものです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント