FC2ブログ

記事一覧

母の足取りが軽くなってきました。

歩行器より杖を使って部屋の中を移動する事が多くなってきたかなと感じていたのですが、杖を使う方が脚の運びが速くなるのですね。毎日僕が料理を作っているのを眺めているのがもどかしいようです。料理は僕の方が巧いけれどね。今日は、僕が定年退職後のアルバイトの面接に行ってきました。新しい仕事に向かわなければならない時に任せっぱなしでは申し訳ないという気持ちになっているらしいです。僕が、何度も就活で落とされて、...

続きを読む

ここの所、腰が痛くない日はない

母の背骨が、椎間板が潰れてしまっているから起きているのであろう腰痛。朝起きて洋服を着るのにも難儀しています。でも医者はどうにもしようがないの宣言の後は湿布の処方のみ。かなり辛そうなので、セカンドオピニオンで別の医者にもかかろうと言ってもほっといて!の返事です。もちろん接骨も行かない。この事自体は前と同じのようですが、見ててもはっきりと辛くて大儀そうです。抗がん剤治療で毛がなくなったときを境にホント...

続きを読む

五十肩は理学療法をはじめたのでした。目標設定等支援・管理シート

年末のある日の朝に、肩がグキッといって動かなくなった母は五十肩と診断され、かかりつけの整形外科からはケアマネージャーにそれを連絡しなければいけなかったようです。先日、この紙を見せられて、医師が身体状況をどう捉えているかが分かりました。項目の2、ADL評価というところが、本人の身体的状況の評価値です。特段、五十肩であることが生活に支障を与えてはいないという判断の様です。ADL評価にはバーセルインテックスと...

続きを読む

母はたまらず外科のリハビリセクションへ

今日は行ったようです。作業療法士のお姉さんに診てもらっているようですが、以前無理矢理連れて行った整体の方が巧いし長い時間揉んでくれたとこぼしていました。だったら、そこへ行けばいいのに…。でも、昨日の左手で食べてるときは、食事を食べさせる介護ってあったなと思い浮かび、結構どきりとしました。有り得ない話でもなんでもないなと。今日も僕が帰ってきて直ぐに夕餉の支度を交代、やはりまだ包丁で切るのは力が入らず...

続きを読む

父の心臓は20代?!そして自分の老後の事

昨日は、父の心臓の検査がありました。一年以上前に心臓の血管に狭窄部が見つかりステントを入れる治療を地元の国立病院機構の循環器科で受けました。その後、経過観察を受けてきましたが、特に血管の詰まりなどもなく安定しているので、病院の方針で地域の病院に観察をゆだねることになり何回か通院していて、最近息苦しさを少し感じるようになった事を伝えたら、それでは検査をしましょうと心電図などをとりました。これまで他の...

続きを読む