FC2ブログ

記事一覧

親の心配だけでなく自分のメタボ・・・

ちょっと介護の話ではないのですが、八十台後半の年齢の父の血液検査のシートを見ていて、「これは自分よりもデータとしてはよいのではなかろうか・・・」最近それに気が付きました。
ヘモグロビン1Cの値などは僕より明らかによいのです。確かに、ここのところ腹囲も増え体脂肪率も上昇してきて、人のことより我が身を正せ!とも言えるのでは。でも、今までもメタボ警告イエローカードを健康診断の時にもらい、医者に行って栄養指導されたりもしているのですが、どうも効果がありません。はやりの糖質制限の書籍をあれこれ読んでみたところ、ちょっとびっくりするような話がたくさん出てきました。もし、太りすぎでなかなか改善されないというのであれば、糖質制限やケトジェニックというキーワードで検索してみると、書籍がたくさん出てきますので、何かひとつ読んでみることをお勧めします。
特にふくよかなひとには、糖質制限は数日で結果の出る方法だと思います。ただ、極端にやろうとするとつらいばかりです。僕は、コメとパンは食べないと母に協力をお願いしたのですが、何度言ってもお米ご飯が茶碗一杯に出てきます(そうです、母はまだ台所に立っています)。同時に父のお米をなしにすることは絶対かなわないことだと思います。
でも、まだ頭が柔らかい若いうちなら、理屈を分かって軽い糖質制限を行うことは必ずよいと断言できます。
是非お試しください。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント