FC2ブログ

記事一覧

気が付けばラジオ体操がしんどい・・・

今日は老親のことでなく我が身の事。

僕は還暦にしてしつこい五十肩に悩まされてきましたが、EMSコアトレーニングの助けと一生懸命指圧とストレッチをしてくれる柔整師さんのおかげでそれもかなり改善されてきています。ここ五年くらいで一番体の調子がいいかもしれません。

効果を発揮しているのはラジオ体操
親の家で暮らすようになってから、時々朝のラジオ体操を一緒にやっています。父は、出来る運動は立ってやっていますが、母は一切やろうとしません。このラジオ体操ですが、もっと若いころはこの体操でできない運動はありませんでした。そんなこと当たり前だろう、ラジオ体操は優しくてやりやすい運動でできてるから、誰にだってできるに決まっていると思ってないですか。僕は、それでした。ラジオ体操ができないなんてそんな馬鹿な。ところが、何年かぶりにラジオ体操をやってみると、なんとできない運動が多い事。特に五十肩のせいで後方に腕が回らない。腰に手を当てて後ろに伸びる・・・なんている動作がきついです。片脚立ちもなかなか安定しません。

現在五十肩は柔整師のおにいさんに診てもらっていますが、かなり良くなってきました。この治療と並行してラジオ体操で腕を大きく回すタイプの体操が、特に効いています。毎日の朝のラジオ体操は、いわゆる第一、第二体操だけでなく、みんなの体操というウォーミングアップ編が先にあり、これとてなかなか僕にはきつい体操があったりして気が付けば息が弾んでいることがあるくらいです。いろいろな運動を日替わりで行っていきますが、そのあとの第一第二体操までを含めると、その時々に自分が痛めている部分や疲れている筋肉に気が付きます。ここのところ動かしていない部分にも気が付きます。そういう部分があったとき、繰り返して痛かった体操を繰り返したり、ストレッチしたりして補っています。大抵は、ここも、あそこも動かしてないなあ・・と気づくことになるのですが。

もうひとつ、メタボを解消し健康な体で山に再び登ろうという目標を(そんなのあったんだ!)達成するために、やろうとしていることがあります。やれてしまった自転車のタイヤを換えて自転車通勤にチャレンジです。ママチャリですが片道11kmを往復しようという試みです。田舎に住んで田舎で働いているからできるのですが。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント