FC2ブログ

記事一覧

認知症テストを受けてみる!

母が今日の日付や曜日が分からなくなってきています。
金曜夜の夕食を食べながら、先週のNHKの西郷どんは世界バレーを見ちゃって(母は若かりし頃会社のクラブ活動でバレーをやっていたらしい)見られなかったので、「明日は、再放送を見なくちゃね」と声をかけると「明日は出かけなければいけないから見れない」と。所属する団体の集会があるようです。そうか、残念だね。その場はそれで終わりました。
明日は確か父は芋煮会で車を使って公民館まで行くと聞いていました。母を送っていく事が出来ません。それは困ったなと思い母にどうやって集会に出かけるのか尋ねました。「歩いて行く」。僕「・・・・・」
脛骨プラトー骨折なので、6週間の安静を医師に言い渡されているのです。僕「どこまで歩いて行くのかな」「中学校の前のとこ」1kmコースです。絶対に無理。僕「明日行くんだよね」「21日、日曜日」明日は、土曜日20日です。

認知症のテストは、今はネット上でも簡単なものは受けることができます。スコアが悪かったときは、医療機関に相談するようにと結果が出てきます。その認知症のテストの最初に、今日の日付を尋ねる問いがある理由が分かったような気がします。「あれ、今日って20日だっけ、19日だよね・・・・」というようなやり取りが我が家でも増えてきました。
僕も認知症の疑われる年齢になってきて、母の状態を見ながら自分でもテストを受けてみました。試したのは長谷川式認知機能チェックというもので、認知症ネット(https://info.ninchisho.net/)で自己診断が可能です。
得点は92点でした。60才~64才の受検者の平均点との比較で劣っていたのは記憶力でした。平均点よりも3.5点低く、また、判断力も同世代平均を下回りましたが、ほかの言語能力、計算力、遂行力は平均を上回りました。記憶力が足りないのは実は若いころからの事なので、多分認知症とは関係がないかと思いますが、一番気になるところです。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント