FC2ブログ

記事一覧

高齢者の免許更新2 高齢者講習で不合格はあるか?

直前の記事で父の免許返納の話を書きました。返すように勧めるべきかどうか…家族内で悩んでいる人は多いのではないかと思います。運転免許制度には更新という手続きがあります。先日私自身が免許更新の手続きを行い、その際に高齢者免許更新がどうなっているのかが簡単に説明されました。今回はその時に配られた資料を読んでみて高齢者免許更新についてだけ簡単にまとめてみようと思います。
雪道

高齢者は何歳からか?
運転免許更新の手続きのしかたを調べると、道路交通法が70歳以上を高齢者と考えていて、さらに75歳を超えると積極的に認知症のある無しをチェックする制度となっているのが分かります。70歳までは免許の更新間隔は5年が基本です。違反者3年基本となり、ここまでは、高齢者であるからという区別は基本的にないと思います。

70歳を超えるとまずは高齢者講習
免許の更新が若い人と変わってくるのがここからです。免許更新の時に高齢者講習を受けなければいけなくなります。実車指導などで合計二時間の講習が必要です。教習所などで行われるものなど講習催行者もいろいろあるようですが、以前に比べて合理化(まあ、簡単になったということでしょう)されたと資料にはあります。この合理化された方の高齢者講習は基本的には普通の更新講習と同じで、基本的に受ければ新しい免許証が交付されます。

70歳を超えて更新した免許の有効期限
70歳でゴールド免許の資格が継続される人も、その有効期限は最長でも75歳です。71歳でゴールド免許を更新した人は有効期限は4年後の誕生日までとなります。72歳以上の人の有効期限は3年となっています。ゴールド免許を69歳で更新した人は74歳で更新があり、次の更新は3年後77歳という事になります。

75歳を超えたら、認知機能検査+高齢者講習
75歳を超えて免許更新を迎えた人には二段階のハードルが設けられています。最初のハードルは認知機能検査です。かなり容易な質問に答えて「認知症の疑い」をチェックします。内容は極めてシンプルでこれを間違えたら本当に危険だなと僕は感じました。http://www.zensiren.or.jp/kourei/what/what.htmlで見ることができます。この結果が問題なければ、高齢者講習を受けて更新です。
問題がある、つまり今日が何日だか言えないとか、短期記憶が怪しいなどの場合です。これが分からないのは例えば事故現場がどこであるか救急車に教えられないでしょう。こんなひとの免許を更新するのはNGだと僕は思いますが、免許制度はさらに慎重です。医者の判断を仰ぎます。僕はあまり医者を信用しませんが、ここで医者が認知症ではないと言えば、高齢者講習を受けて免許更新できることになります。医師が認知症であると言えば免許は取り消されるのですが、医師が十分気を付けて運転してくださいねと許可的に診断すれば、高齢者講習ののち免許は更新されます。これでは、逆走してしまう高齢者が出てしまうのではないかと僕は心配してしまいました。

違反したときには、いつでも認知機能検査をすることになっていました!
75歳以上では、認知機能があやしくて違反したのではないかと疑われるときは、認知機能検査を受けることになっていました。信号無視、通行区分違反など対象となる18種の違反には、正直言うと若い人でもついやってしまうような種類の違反も含まれています。違反したときの「臨時認知機能検査」の結果を受けて、場合によっては免許取り消しもありえますが、繰り返しになりますが、この検査で引っかかるのは余程認知症になってしまっている場合だと思います。いつもは上手く運転しているけれど、ちょっとぼうっとしていて一時的な認知不全がもたらした違反や事故の防止策としてはちょっと弱いように思います。

以上、調べてみると、高齢者の認知機能の低下による事故予防策は、少し及び腰の面が見られます。さらに言うと、免許更新できた高齢者の中にも乱暴で自己中心的な運転をするひとも必ず含まれていますから、高齢者の事故防止は決定打を欠いた状態にあると言えるでしょう。と、なると後は技術的なサポートに目を向けた方がいいのではないかと思います。積極的な被害軽減テクノロジーの導入を考えるべきだと思います。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント