FC2ブログ

記事一覧

はじめはパニック障害

去年の9月から10月の状況は、今となってはあまり正確に、特に気持ちの状況はよく思い出せなくなってきています。
今はそのころに比べると、精神的にも余裕ができて、最近では自発的に囲碁のサークルに再び顔を出すようにまでなりました。
ダンスはもうできそうにありませんが・・・・。
ともかく、発端は脚が膝折れして倒れてしまうのと向う脛がずしーんと痛くてたまらないという症状です。もちろん近くの整形外科を受診して投薬をうけたのですが、それは痛み止め。痛み止めを飲んで様子を見ましょうということです。父は元から目まいが出やすいたちなのですが、この痛み止めというのが平衡感覚の神経にも作用するらしく、痛み止めを飲んだとたんぐるぐるまわるような感覚が現れて、夜中に大騒ぎとなりました。また、息苦しさも訴えてきて、心臓の検査なども再びやりました。再びというのは、もともと心臓の大動脈がつまっていてステントが入っていますので、初めての検査ではないという事です。めまいから呼吸困難、汗がたくさん出て不安感に包まれます。つまりパニック障害を起こしてしまっています。
息苦しさがどこから来ているのかを調べる途中で、睡眠時無呼吸もみつかりました。C-HAPという装置をつけて改善しようとしましたが、このC-HAPという機械はとても使うのが難しいとおもいます。父の場合は一回使っただけで呼吸ができなくなり、試着一回目でリタイアとなりました。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント