FC2ブログ

記事一覧

ぬり絵には昂った気持ちを鎮める効果。 高齢者の不安にはぬり絵

昨年の父の精神状態はパニック障害状態が頻発していたことは前の記事で触れました。
この精神的な不安定状態を鎮めるために睡眠導入剤や気持ちを落ち着ける薬を飲んだりしたのですが、そんな薬より劇的に気持ちを落ち着ける特効薬がぬり絵でした。もともとはボケ防止に効くよと母のためにアマゾンで購入したのがきっかけでした。取り寄せてみると精神を安定させる効果があると効能書きにあったのです。

ぬり絵にはまったのは父の方でした。これやると息苦しいのが収まると言って次々ページを塗りつぶしていきました。今ではぬり絵をやっている姿を見なくなりました。息苦しいのは収まったのか?と尋ねると、そういう感じだな…という返事です。
もし、みなさんの家族の中に、訳もなく悲しくなってしまうとか、不安で仕方がないという高齢者の方がいたら、ぜひ一度ぬり絵に取り組んでみることをお勧めします。アマゾンには数多くのぬり絵の本がありますので、花を選んだり、風景を選んだり、自動車の絵なんていうのもあります。以下には水彩画の書き方のプログラムからぬり絵の本まで、関連するものを集めてみました。ぬり絵は脳のトレーニングにもなりますし、言葉を使わず黙々と取り組むことができます。何枚か塗るうちに上達していくことを感じられます。できそうなものをやってみると、思いのほかの効果に驚かれると思います。上手くすると、普段見られない熱心さを見ることができるかもしれません。デイケアで出てくるような簡単すぎるのよりも、ちょっとハードルが高いかなと感じられるようなものがよいです。どうぞ試してみてください。侮りがたし、ぬり絵。高齢者の気持ちを落ち着かせるのに大活躍です。ちなみに、知り合いの家では、ぬり絵をしているうちにお孫さんのほうが夢中になってしまった方も。色鉛筆も忘れずに。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント