FC2ブログ

記事一覧

医者にはかからないそうです。歩くことは

思った通り…医者にはかからないそうです

 ゆっくりながら歩こうという気持ちが当たり前にある父は、本当にひと頃に比べると生気があり見ていて心配することがありません。昨日旅行からもどって夜は三人ともぐっすりと眠れました。明けて今日はスケジュールなしの中、父は囲碁サークルの例会に出かけていきました。

母は、脚にシップを貼りながら家に引き籠っていますが、昼食時に聞いてみると、医者にはかからないと言い始めました。つい昨日までは、「今回は本当に懲りた。医者に行かないとだめだね。」と言っていたのに、今日は「これは自然に治る」「医者は行かないよ。」です。まあ、予想の範囲内です。自分で気が付き自分で決めて行動するのが原則ですから、無理は禁物ですが、嘆かわしいです。

 今日は、一日いろいろな事を考えていました。このブログは有料プランのFC2ブログなのですが、サーバーに何らかのトラブルが起こったときはバックアップがないようで、そういうことを併せるとレンタルサーバーに設置しなおした方が良いのではないかというドキュメントに行き当たります。みなさんそうおっしゃっています。出来ればこのままが良いのですが。

 ところで、昨日まで逗留していた白樺高原ですが、1500メートルの高地でありながら、貸別荘には下水が完備されており水洗トイレというのがなんとも山小屋らしくありません。気温もおおむね軽井沢より低くクーラーはおろか扇風機も必要ありません。残念なのは、基本的に交通機関が無いに等しく、車で行くしかありません。陸上競技の選手たちの高地トレーニング場所として最適であることに町は気づいているのですが、いまひとつスポーツトレーニングのメッカになるだけの投資力はないようです。日帰り温泉施設などを作るより、屋内50mプールや大きなトラックをつくっておけばこの地の運命も大きく変わっていたらだろうなあと思いました。ウオーキングのロングコースと施設を整えれば高地ウオーキングのメッカになれるかもです。

母の脚を見るにつけ「歩くことは生きること」なんだなあと思います。もちろん、歩くことができない人もいるけれど、いちばんやさしい運動なんですよね、基本的に。運動は大切。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント