FC2ブログ

記事一覧

一番最初に手すりを付けた

去年(2017年)の11月3日に、ともかく両親のマンションに荷物を運びこみ、一部屋を占有して暮らしはじめました。

八十を超える歳で彼らの行動を支えていたのは父の運転する車でした。母は最長で300mもあるいたらもう動けない。母は数年前に悪性リンパ腫を発症し、抗がん剤治療で頭髪がなくなったことを気にして、まったく外出しない生活となり、あっというまに肥満体になってしまいました。もとから半月板損傷があり、今でも腰と膝の痛み、足のむくみが頻繁に出るのですが、嫌がって医者に掛かろうとしません。父は車を運転をして自らの行動と歩けない母の行動を支えていたのです。その父の左脚が痛くて動かせなくなってしまったのです。同時に、息苦しさを訴えパニック障害もみられるようになっていました。脚は思いのほか悪く、自分で思うように動かせません。そんななかで免許の更新が迫り、高齢者故、教習所での講習、試験場での適性検査と話は進んでいくのですが、それはまた別の記事を起こしてお話ししようと思います。

これはまずいと、感じての急な住み込みがはじまりました。
まず、いろいろなことに対策を講じなければならないという点を親に分かってもらうために、トイレと風呂に手すりやグリップを取り付けました。

風呂のグリップ
風呂が結構深いのに、古いユニットバスで足を大きく持ち上げて入らなければなりません。母に、本当には入れているのかと尋ねても、そんなことはどうでもよいの一点張り。これはかなり苦戦して風呂に入っているのだと思いました。温泉に連れて行っても、入りたくないと言う事があったり。あるとき、ふと、手すりがあったので入れた、と言っていましたので、これはでも相当苦労していると想像しました。手すり、いろいろなタイプがあります。その中から大げさでなくて実効性があるものとしてこれを吸盤で貼り付けました。数か月たった今、母はどうやらこれをつかんで風呂に入っているようです。
トイレの手すり
父は小用も座ってしています。これは左の膝の曲げを途中で止められなくて膝折れになってしまう可能性があるからのようです。でも、座れば座ったで立ち上がるのもつらそうだったので、ネット通販で手すりセットを買って自分でつけました。実は壁がプラスターボードで釘が止まりません。でもねじをねじ込んで回し切らずに止めて仮固定です。取れたらまたつければいいやという割り切りです。
もうひとつ、すぎにやったほうがいいだろうと思うことがありましたが、これはかなり抵抗されてすぐにはできませんでした。何かというと父にベッドを使わせることです。布団を敷いて寝ていましたが、満身の力をこめて体をぶるぶる震わせて立ち上がっていました。いつか転倒事故になるなと思いました。まあ、転倒はしょっちゅうでしたが。これについても、免許同様別の記事を書こうと思っています。
ともあれ、そんなことやらなくても大丈夫・・・それを改めることからはじまったのです。
パナソニック手すり住宅壁

パナソニック 連続手すり I型セット 【MFE1J〇□】MFE1J

toto住宅壁

【住宅改修手すり】TOTOインテリア・バーFシリーズ【Lタイプ600×600】ソフトメッシュタイプ/バス手すり/お風呂用手すり/トイレ用手すり/風呂場手すり/浴室手すり/TOTO【代引不可】


吸盤式風呂手すり

【ユニトレンド】強力吸盤式手すり クイックバー / UNI-500-W【定番在庫】即日・翌日配送可【介護用品】介護用品/お風呂/浴室/浴槽/手すり/取っ手/ハンドル/工事/工具/ネジ/穴開け不要/ワンタッチ取り付け/取り外し可能/ユニットバス/賃貸【通販】



↓パナソニックのサイトです。トイレの手すりはパナソニックの製品をつけました。シャワートイレもパナソニックのものは結構優れていると僕は思います。僕ののはパナソニックです。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント