FC2ブログ

記事一覧

入浴剤でよい睡眠を

以前の記事で、睡眠の質を高めることからはじめたと書きました。
安直だと思われるかもしれませんが、かかりつけ内科医に睡眠導入剤を出してくれと直訴したわけです。これが、注意書きに習慣性になりうるとあったので、父は少しビビりましたが。ものすごい効き目でした。

もうひとつ、かなり即効性があるなと思える方法です。いろいろな症状が強く出ていたのが初冬だったから使えた方法とも言えますが、入浴剤の使用です。どれでも体が暖まればよいのです。入浴剤の多くは匂いをつけるために香料を配合しています。入浴剤を入れてみてまず気になるのが匂いだと思います。匂いの気に入ったものが良いと思います。我が家では、温素という商品を使いましたが、白いものはベビーパウダーの匂いで両親から特に嫌う意見が出ませんでした。父は、これはずいぶん暖まると言い、その日の夜もぐっすり眠れたようでした。今は夏ですが、湯の温度を下低目にして温素は使い続けています。

お店に行って温素がない場合もあるので、そういう場合は「炭酸水素ナトリウム(重曹)」が入っているものを選びました。湯の中の炭酸の濃度が上がり暖まると言われています。炭酸が多く含まれている温泉は低温でもよく暖まり・・(むしろ低温で長湯が良いようです)、湯上りもかなりすっきりします。天然温泉では甲府の西、韮崎の韮崎旭温泉、長野県青木村の田沢温泉、有乳湯(田沢温泉は何か所かありますが、ぜひどん詰まりまで入って有乳湯までお出かけください。湯上りの気持ちよさが格段に良いです)は、湯につかっていると体中に炭酸ガスの気泡がまとわりつきます。東信桃源郷説、、ちょっと脱線しましたね・・・。
ともあれ、入浴剤で血液の循環が良くなり体を温めることは良い睡眠につながりやすいようです。みなさんも、自分に合った入浴剤を使ってみてください。
こちらは温素の取り扱いがあります。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント