FC2ブログ

記事一覧

介護認定を受けてはみたものの

昨年の秋に、左足の大腿四頭筋に力が入らず、膝が支えられずにがっくり曲がってしまい転倒するという状況が頻発して発覚した父の不具合。齢87では、多くの医者が「加齢のせい」と診断して原因はいまだに(現在2018年6月末)わかりません。でも、父の大腿四頭筋のあるところには、いまは筋肉らしいものが感じられなく、触ってもくにゃくにゃの皮があるだけのように思えます。筋肉をコントロールする神経が失われてしまって動かさないことで退化してしまったように思えます。結果、歩行する際に膝落ちを防ぐ歩き方で四頭筋以外の筋肉で歩行しています。体全体の衰えもあるし、ときおり言葉が不明瞭になることもありますが、四頭筋以外は至って健康というのが現状。しかし、歩行行動が思うようにならないので家にこもりがち、介護認定を受け要支援2をもらい週二日デイケアに通っています。迎えに来てくれてトレーニングできると考えてのことです。しかし、いまそのデイケアを続けていいものかとても迷っています。なぜかというと、歩くこと以外は普通なのですが、デイケアを利用している他の人の多くが、かなり呆けが進んでいる人たちのようで、コミュニケーションがあまりに幼稚園的だというのです。挙句の果て手がかからない何をやってもいいとのことで、実質ほったらかし。父は電子ブックリーダーを持っていき、数時間にわたって読書しているというのです。知的活動と身体状況のギャップが異なる場合、なんとなくデイケアはダメなんじゃないかと今思っているところです。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント